最終更新日 2019年8月15日

Information (PDF)

姫路科学館のロゴマーク 外観写真 毎月のキュート

姫路科学館
科学の展示とプラネタリウム

「実験体験・本物体験・コミュニケーション」
「ここでしかできない体験ができる」科学館へようこそ!

姫路科学館の常設展示では、たくさんのオリジナル展示装置で「実験体験」し、実物資料で「本物体験」ができます。また、スタッフによる展示解説やサイエンスショー、おはなし会など、「コミュニケーション」の舞台もあります。
そして、世界有数の直径27mのドームをもつプラネタリウムでは、専門員の個性あふれる解説と満天の星を楽しめます。

夏休みの特別展「新・錯覚美術館」

新錯覚美術館

夏休みの特別展。大人もこどもも楽しめる、体験できる、学べる、そしてやっぱり見事に騙されてしまう、ここは不思議な不思議な美術館。
2019年夏休みの特別展は、杉原厚吉先生(明治大学研究・知財戦略機構研究特別教授)の「錯覚美術館」の新作品を一堂に展示します。

詳しくは、特集のホームページで。

ミニ展示「科学実験の今むかし」&「アポロ月着陸50年」

旧制姫高コレクションミニ展示

旧制姫路高等学校の実験機器コレクション「旧制姫高コレクション」を、サイエンスショーのテーマとリンクした展示【ミニ展示「科学実験の今むかし」】で内容を入れ替えながら公開中です。
また4階では、人類初の月着陸から50年になるのに合わせて、月に関するミニ展示を開催中です。

プラネタリウム専門員の募集

姫路科学館では、令和元年(2019年)10月1日から勤務していただく非常勤嘱託員(プラネタリウム専門員)を募集しています。

詳細は募集要綱(PDF)をご覧ください。

参加者募集中!

姫路科学館で開催する工作会や教室、「サイエンスエキスパート講座」などのお知らせは、講座と教室のページをご覧下さい。

受付は、イベント開催日の6週間前から2週間前までです。抽選ですので、あわてずにお申込みください。

9月までのイベントの申込みはすべて終了いたしました。順次、10月以降のイベントを掲載していきます。

第8回姫路漢字探検隊「科学館で漢字と出合う」

姫路漢字探検隊

9月8日(日曜日) 10時からと13時30分からの2回(各2時間) 開催!

立命館大学の漢字教育士である久保裕之さんらを講師に迎え、科学にちなんだ漢字を主題に、館内を見学しながら漢字の成り立ちなどを学びます。

姫路ロボ・チャレンジ、終了いたしました

2足歩行ロボットの熱い闘い・姫路ロボ・チャレンジ第26回大会が終了しました。
2日間に渡って行われた競技の記録は、また掲載いたしますので、しばらくお待ちください。

詳しくは、ロボ・チャレンジのホームページで。

イベントのお知らせ

ホームページだけでなく、印刷してお手元で科学館のイベントがわかります。

イベントガイド(PDF)
半年分の科学館のイベントをまとめてあります。年2回発行。最新は3月発行の2019年前期分です。
科学館だより(PDF)
科学館の最新イベント情報を掲載したちらしです。毎月初旬に発行。最新は2019年夏休み特別号です。

「姫路科学館友の会」入会受付中

姫路科学館友の会の新年度からの入会を受付中です。
友の会に入会すると、【常設展示の随時無料観覧】等の様々な特典があります。ぜひ、友の会に入会し、科学の不思議さや面白さを思い切り体験してください。

入会のご案内は、姫路科学館友の会のページをご覧ください。

姫路科学館発!科学の話題

姫路科学館の特徴

■「実験体験」「本物体験」「コミュニケーション」
 常設展示は「実験体験」と「本物体験」を重視しています。 「私たちの宇宙」や「身のまわりの科学」のフロアにある展示装置は、法則を見せる展示ではなく、重力や風など自然の中にあるふしぎな現象を体験したり、 条件を変えて現象を作り出す実験をする、姫路科学館オリジナルの装置です。そして 「地球と郷土の自然」のフロアでは、昆虫や鳥、キノコなど姫路科学館の豊富な実物資料を、定期的に入れ替えて展示します。
 また、スタッフが展示を通してお客様とコミュニケーションをとるほか、各フロアにある専用スペースでは、 目の前で実験をする「サイエンスショー」や最新の情報を映像と生解説で紹介する「おはなし会」などの、人が介在するミニイベントを開催します。
■姫路科学館のプラネタリウム
 直径27m、世界有数・国内4位のドームスクリーンをもつプラネタリウムでは、全天周映像による「全天映画」の上映や、より美しい星空の再現、快適なフロアを実現しました。また、スタッフによる生解説で、一期一会の投影をしています。
■姫路科学館の周辺(桜山公園)
 姫路科学館は水と緑に恵まれた「桜山公園」の中にあります。周辺の美しい自然も、大切な展示のひとつです。また、科学館周辺にある施設(星の子館、自然観察の森、県立こどもの館)と協力して、自然を楽しむ様々なプログラムを実施しています。