姫路科学館>収蔵資料と調査・普及・研究

姫路科学館・収蔵資料と調査・普及・研究

姫路科学館が収蔵する資料や、姫路科学館の職員が見つけた、自然の中の生物や現象をお伝えしています。また、学芸員に関する情報もお知らせしています。

自然史に関する資料

自然史標本

現在、「小林平一コレクション」を中心に、姫路科学館の誇る動植物標本の目録化を進めています。また、姫路科学館には岩石、化石などの資料も収蔵しています。

詳細は自然史資料のページをご覧ください。

  • 鳥類
  • 植物
  • 昆虫
  • キノコ
  • 化石
  • 岩石

技術史に関する資料

旧制姫高コレクション

姫路科学館では2019年に神戸大学より姫路市に寄贈された、旧制姫路高等学校で使用されていた物理実験機器について、「旧制姫路高等学校コレクション(略称:旧制姫高コレクション)」として整理、活用を進めています。

詳細は技術史資料のページをご覧ください。

天文に関する資料

天文関連資料・土星の写真

流星群や惑星の見かた、望遠鏡の使い方など、天体に関連する情報をホームページに掲載しています。天文関連の資料は、下記のページをご覧下さい。

資料の受け入れ・貸出について

準備中です

博物館実習

募集中:2019年度博物館実習の募集要項(PDF)

姫路科学館では8月に、大学生を対象とした学芸員資格取得のための博物館実習を行います。

  • 期間:2019年8月7日(水)から19日(月) 8時35分~17時20分
  • 受入人数:5名程度

募集要項添付の様式(1~3)を記入の上、4月1日(月)から20日(土)の間に郵送でお申込みください(消印有効)。

自然系ジュニア学芸員講座

自然系ジュニア学芸員講座

募集中:自然系ジュニア学芸員講座のページ

姫路科学館では2012年から、小学生から高校生を対象に、自然史に関する資料の採集、保存、展示などを通年で体験する「ジュニア学芸員」という企画を実施しています。
2019年度の募集要項を掲載しています。申込みの締め切りは4月7日(日)郵送必着です。

科学の眼

「科学の眼」は、姫路科学館の職員等が、時節の話題を取り上げてA4表面にまとめたものです。大きく「地球」「生物」「物理・化学」「天文」の4分野に分かれており、専門的な内容から身近な話題までを科学の目で見つめます。

科学の眼のページへ

展示目録と展示ガイド

姫路科学館展示ガイド ~もっと楽しむ実験体験と本物体験~

2009年8月にリニューアルした常設展示を企画した職員自身が書いた展示解説書です。展示室のアイテムパネルだけでは語りつくせなかった展示をより深く楽しむヒントをまとめています。姫路科学館ミュージアムショップで発売しています。【A5版 121ページ 500円】

展示目録

  • 「科学実験の今むかし ~旧制姫路高等学校物理実験機器コレクションから~PDF・2.3MB (2018年開催)