姫路科学館の常設展示リニューアル

姫路科学館は2009年に8月に常設展示をリニューアルオープンしました。
リニューアル事業の軌跡を紹介します。

常設展示リニューアルの軌跡

 姫路科学館の常設展示リニューアル事業は、2003年度から調査・研究を始めて2009年8月にリニューアルオープンするまで、約7年間に渡って行われました。 「他ではできない体験ができる」科学館を追求したこの事業は、2階から4階にある常設展示のほぼ全面を見直し、館内設備のリフレッシュも行う大規模なものとなりました。 このページでは、基本計画の策定から設計・施工までの2年間(2007年度から2009年度)の軌跡をご覧ください。

設計時に描かれた完成イメージ図
1階エントランスホール2階「地球と郷土の自然」

3階「身のまわりの科学」4階「私たちの宇宙」

リニューアルの歩み

会議の様子

基本計画の策定から工事がはじまるまでの準備の様子です。

歩みのページへ

リニューアル工事の経過

工事の様子

2009年3月1日から7月31日まで全館休館して行ったリニューアル工事の様子です。

工事の経過のページへ

展示リニューアルのちらし

 リニューアルオープンに向けて発行した広報チラシです。

展示リニューアル

展示更新の歩み

工事の経過


常設展示

特別展示

プラネタリウム

ロボット

お知らせ

2009年10月22日更新