姫路科学館>特別展・企画展・作品展

姫路科学館の特別展・企画展・作品展

姫路科学館では、常設展示をさらに広げて科学の話題を取り上げた、数々の特別展・企画展・作品展を開催しています。開催予定はこのページでご確認ください。お見逃しなく!

次回開催:特別展「新・錯覚美術館」 7月26日(金曜日)~9月2日(月曜日)

新・錯覚美術館

大人もこどもも楽しめる、体験できる、そしてやっぱり見事に騙されてしまう、人間の知覚と錯覚の不思議を学べる「錯覚美術館」。
杉原厚吉先生(明治大学研究・知財戦略機構研究特別教授)の「錯覚美術館」の新作品を一堂に展示します。

詳しくは、特集のホームページで。

2019年度の予定

姫路科学館では、2019年度は次のような特別展・企画展・作品展を開催する予定です。

  • 夏休み特別展:「新・錯覚美術館」7月26日(金)~9月2日(月)
  • 作品展:第55回姫路市児童生徒科学作品展「科学工作の部」9月28日(土)~10月20日(日)
  • 作品展:第55回姫路市児童生徒科学作品展「調査研究の部」10月30日(水)~11月24日(日)
  • 冬の企画展:「はりまの星・日本の星」12月21日(土)~2020年1月19日(日)
  • 作品展:第34回未来を描く科学絵画展
  • 春の企画展:「ひめじのいきもの3」

科学の屋台村

桜山公園まつりロゴ

2019年は7月20日(土曜日)・21日(日曜日)に開催

毎年、夏休み恒例!科学館最大のお祭りで、実験や工作ができるブース(屋台)が、毎年たくさんやってきます。
詳しくは、科学の屋台村のページをご覧ください。

企画展・特別展・作品展データベース

これまで姫路科学館で開催されてきた、特別展や企画展の記録を見ることができます。昔来たことがある!というような、懐かしいものに出会えるといいですね。