姫路科学館>特別展・企画展・作品展

姫路科学館の特別展・企画展・作品展

姫路科学館では、常設展示をさらに広げて科学の話題を取り上げた、数々の特別展・企画展・作品展を開催しています。開催予定はこのページでご確認ください。お見逃しなく!

特別展「科学実験の今むかし 旧制姫路高等学校物理実験機器コレクションから

科学実験の今むかし

姫路科学館開館25周年を記念して、旧制姫路高等学校(現 神戸大学)で使用された貴重な実験機器や史料をこれまでにない規模で公開し、現代の科学実験とのつながりを考えます。
詳しくは、特別展のページをご覧下さい。
(写真は神戸大学所蔵の象限電位計)

  • 開催期間:2018年4月28日(土)から5月27日(日)まで

次回:特別展「夏のむし・ムシ大集合5」

今年も虫たちが科学館に大集合!。詳しくは、特設のページをご覧ください

  • 開催期間:2018年6月15日(金)から7月8日(日)まで

科学の屋台村

科学の屋台村

毎年、夏休み恒例!科学館最大のお祭りで、実験や工作ができるブース(屋台)が、毎年たくさんやってきます。2018年は7月21日・22日に開催予定です。
詳しくは、科学の屋台村のページをご覧ください。

ミニ展示「火星大接近!宮本正太郎とスケッチ観測のススメ」

6月1日から9月3日まで、常設展示室4階にて。
15年ぶりの火星大接近にあわせて、姫路ゆかりの天文学者、宮本正太郎京大名誉教授と火星のスケッチ観測の成果を紹介します。

展示の様子は特集のページで。

企画展・特別展・作品展データベース

これまで姫路科学館で開催されてきた、特別展や企画展の記録を見ることができます。昔来たことがある!というような、懐かしいものに出会えるといいですね。

2018年度の予定

姫路科学館では、2018年度は次のような特別展・企画展・作品展を開催する予定です。