世界三大美蝶の一つであるトリバネアゲハ類の展示を通して、生物多様性についてわかりやすく伝えます。

■主催 姫路科学館 ■会期 2017年3月11日(土)〜4月9日(日)
 ■場所 1階特別展示室 ■観覧料 無料

姫路科学館企画展「トリバネアゲハから見える生物多様性 第2回小林平一コレクション展」


ちらし トリバネアゲハ類の収蔵標本、全種約10,000頭、世界でも類い希な収蔵種類と頭数を誇る、姫路科学館所蔵”小林平一コレクション”。
その小林平一コレクションから厳選した標本と解説で、魅力を分かりやすく伝えます。

企画展「トリバネアゲハから見える生物多様性」のちらし  ※ちらしを開くにはAdobe Readerが必要です

見どころ1


トリバネアゲハ標本展示の様子 トリバネアゲハ属、アカエリトリバネアゲハ属、キシタアゲハ属、3属 全34種 145亜種 600頭が整然と並びます。

一目で生物多様性を感じることができる圧倒的な標本展示のもと、各属や種の特徴、分類上の要点をイラストをまじえて分かりやすく解説します。

見どころ2


タイプ標本の展示 小林平一氏新亜種記載のゴクラクトリバネアゲハ・アルファック山脈亜種のタイプ標本やワシントン条約付属書T記載種アレキサンドラトリバネアゲハも展示します。

← この中に、貴重なタイプ標本が入ります。

見どころ3


松香健次郎氏撮影の写真 トリバネアゲハ撮影の第一人者、松香健次郎氏による美しい生態写真を生息地の風景とともに大型ディスプレイに映写します。

見どころ4


標本と解説 トリバネアゲハ類の種や亜種の分化・分布から解明される生物多様性を標本と解説で紹介します。

見どころ5


「トリバネアゲハ」と、姫路市蝶「ジャコウアゲハ」・兵庫県花「ノジギク」との驚きの関係とは?

見どころ6


グライダー アカエリトリバネアゲハのペーパークラフト"グライダー"を作ろう!

上手に飛ばすことができるかな!?

特別展

データベース

トリバネアゲハから見える生物多様性


姫路科学館

常設展示

プラネタリウム

サイエンスショー

ロボット

講座

イベント

科学の話題

お知らせ

2017年3月9日更新