トップ > 職員採用候補者試験 > 先輩からのメッセージ > 救急隊員(救急救命士)

 

救急隊員(救急救命士)

   

【救急隊員(救急救命士)】 

 私は、救急救命士の資格を持つ救急隊員として勤務しています。

 現場で初めて心肺蘇生法を行ったのは、署に配属されてから2ヶ月後、百貨店の食品売場で喉に食べ物を詰まらせたことによる心肺停止事案でした。

 緊迫した状況、患者さんと救急隊を囲む他のお客さん方の視線。先輩方のテキパキとした活動と目まぐるしく変わる状況に頭が真っ白になりました。あの時何も出来なかった悔しさを胸に日々の訓練を行うようにしています。

 現場に一つとして同じ事案はありません。どんな状況に立たされた場合でも平常心を保ち、冷静・沈着に状況判断し、迅速・的確な救命処置が行える救急救命士を目指し頑張っています。

 消防吏員になろう。救急現場で働きたい。命を救いたい。そんな熱い気持ちで姫路市消防局に入局しようとしている皆さん。待っています。

 共に災害に立ち向かいましょう。採用試験頑張ってください。