トップ > 職員採用候補者試験 > 先輩からのメッセージ > 水難救助隊員

 

 

 水難救助隊員

 

【水難救助隊員】

 姫路市は、海に面しており、池や河川も多く、毎年水に関係する事故が発生することから、水の救助を専門とする「水難救助隊」を設置しています。

 水難救助隊は、普段は消防隊などとして勤務していますが、事案に応じて水難救助隊員として出動します。

 水難救助隊員になるためには、厳しい養成訓練を1年間受け、潜水士の資格を取得しなければなりません。

 水中での活動は、陸上での活動と異なり、より危険を伴い、装備も違えば、隊員同士での会話もできません。そのために日頃からの訓練やコミュニケーションなど信頼関係の構築がとても大切です。

 「人のために何かしたい。」、「助けを求めている人を一人でも多く助けたい。」この思いを忘れることなく、熱い気持ちで訓練に励んでいます。

 これから消防士を目指す皆さんも、今の熱い気持ちを持って頑張ってください。