トップ > 職員採用候補者試験 > 先輩からのメッセージ > 予防課員

 

 

 予防課員

 

 

【予防課員】

 危険物施設には、皆さんの身近にあるガソリンや灯油などを取り扱うガソリンスタンドから、巨大な石油タンクや化学プラントまで多種多様の施設があります。

 危険物担当者は、主に危険物施設を保有する事業所へ消防法令に適合するよう指導をしています。

 職務を行う上で、事業所の方々には、費用的なことをはじめ、色々な負担を求めることもありますが、消防職員として真摯に向き合い、法規制やこちらの指導指針を伝えることで、「それならばやりましょう!」と納得の上で実施していただけることにやりがいを感じることもあります。

 現在、姫路市では市民の安全・安心を最優先に、危険物を保有する事業所と消防が一丸となって危険物事故防止に取り組んでいます。

 採用試験を受験される皆さんも消防職員となり、我々と共に市民の皆さんの安全・安心を守っていきましょう。