ボタン電池による火災に注意しましょう!

ご注意

 大阪府吹田市の大型ホームセンターで、大規模な火災が発生しました。

ボタン電池が原因で出火した可能性が高いといわれています。ボタン電池の管理・廃棄方法には十分注意してください。 

火災の概要

 平成30年11月28日、大阪府吹田市において、開店前の大型ホームセンターがほぼ全焼する火災が発生しました。

出火の原因は、使用済みのボタン電池同士の接触により出火した可能性が高いと言われています。

 ボタン電池の電極のプラスとマイナスが触れ合うことで大きな電流が流れ、発熱や発火の原因になると言われています。

廃棄方法等

 ボタン電池を廃棄される場合は、必ず全ての電極にテープ(絶縁性のテープ、ビニールテープ、セロハンテープ)を貼って、「ボタン電池回収缶」に入れてください。

 販売店等に設置してある「ボタン電池回収缶」の設置場所は下記から検索できます。

 http://www.botankaishu.jp/m/top.php (一社)電池工業会(外部サイトへリンクします)

 入れられる場合は、お店の方に一声かけていただくようお願いします。

 なお、ボタン電池は、姫路市における可燃ごみ及び粗大ごみには出せません。