トップ > 消防の活動 > 姫路の消防団 > 夢前町消防団

消防の活動

夢前町消防団

姫路市夢前町消防団の組織



1本部 7分団 定員560人
団本部事務局 福崎町福崎新404-2(中播消防署内)
電話 0790-23-0119

団本部

団長 本郷 貴之

副団長 堀尾 和好

副団長 林 正明

分団長 山本 大輔

分団長 下村 健作

置塩分団 分団長 柏原 正英
古知分団 分団長 鈴木 智博
前之庄分団 分団長 白井 庄二
山之内分団 分団長 田路 文昭
菅生分団 分団長 隱浪 孝夫
上菅分団 分団長 楠元 清丈
莇野分団 分団長 吉本 真人

各分団のご紹介

 

夢前町消防団 ご紹介 

姫路市夢前町は平成18年3月に姫路市に合併し、市北部に位置する南北25キロメートル、東西10キロメートルで人口22,000人余りのまちです。全国で唯一「夢」の文字を用いた地名であり、「夢のあるまち」をキャッチフレーズにしています。

自然と歴史豊かな夢前町には、雪彦峰山県立自然公園、古くからひらけた塩田温泉、夢前川の清流などがあり、四季折々に趣きがあるまちです。

歴史文化としては、国指定の重要文化財等を所蔵する弥勒寺、国史跡では、播磨最大の山城といわれる置塩城跡などがあります。また、スポーツでは夢前町で誕生したニュースポーツ、マウンテンボールが有名で、老若男女を問わず、誰でも簡単に馴染むことができ親しまれています。

春、夢前川の両岸には数千本の桜が川面を覆うように咲き誇り、花見客で賑わいます。また、日本百景並びに日本三彦山でロッククライミングが盛んな雪彦山が山開きを迎えるほか、別名「播磨富士」とも呼ばれる明神山にも多くの登山客が訪れています。

夏、澄み渡る夢前川は鮎狩りを始め、アウトドア派には絶好の遊び場です。幻想的に飛び交うホタルを観賞、夏山登山での森林浴も見逃せません。麓にはキャンプ場、コテージなどレジャー施設も充実しています。イベントでは、夜空を彩る花火大会「夢さきふるさとまつり」が毎年開催されます。

秋、山々が紅葉に色づく好季節、伝統的な秋祭りが行われ、獅子舞や勇ましい屋台練りが繰り出されます。

冬、雪彦山が薄っすらと雪化粧を始めると本格的な冬の訪れで、温泉で仲間と一緒に名物の牡丹鍋を囲めば、心も体も温まることでしょう。

また、交通面では、平成27年10月に中国縦貫自動車道への供用開始となる夢前スマートIC(仮称)も完成し、市北部へのアクセスも大変便利になります。姫路市へお越しの際は少し足を延ばして夢前町にお越しいただき、自然を満喫していただきたいと思います。

最後に、近年は地球規模での温暖化により、局地的大雨等異常気象による被害の増加や想定外の災害が発生しております、地域の消防団としては、地域住民の生活の安全を守るために、なお一層の活躍をしていきたいと考えています。

雪彦山  秋祭り

    日本三彦山「雪彦山」                      秋祭りの勇壮な屋台

 

夢前川の桜並木

    夢前川の桜並木


▲トップに戻る