検索の多いキーワード



検索方法
 

企画展示コーナー

平和資料館の企画展示室ではテーマを決めて年数回、企画展を開催しています。
企画内容が決まりましたらお知らせします。

収蔵品展「寄贈資料にみる戦争の記録」を開催します。

姫路市平和資料館では、市内外の多くの方から、太平洋戦争に関係する貴重な資料の寄贈を受けています。今回の収蔵品展では、新たにご寄贈いただいた資料を中心に、当館の所蔵している資料を展示します。(終了しました)

春季企画展「南の空に散った若者たち ~姫路海軍航空隊(白鷺隊)と特攻~」を開催します。

太平洋戦争末期、戦闘機などに爆弾を搭載し、敵艦などに体当たりする必死必中の攻撃「特攻」。姫路海軍航空隊(白鷺隊(はくろたい))をはじめ、多くの特攻隊が九州各地の基地から出撃し、多くの若者たちが散華しました。姫路海軍航空隊(白鷺隊)の写真や特攻隊員の遺書などの貴重な資料により「特攻」について企画展を開催します。(終了しました。)

春季企画展イベント「姫路空襲体験談を聞く会」を開催します。

姫路市平和資料館では、戦争の惨禍を後世に伝える取り組みとして、「姫路空襲体験談を聞く会」を開催します。姫路空襲の地獄のような惨状を、実際に体験した語り部が語ります。

「非核平和展」を開催します。

姫路市では、昭和60年3月6日の「非核平和都市宣言」以来、その趣旨を広くアピールするとともに、非核平和について考える機会を提供するため、昭和61年度から「非核平和展」を毎年開催しています。(平成29年度は終了しました。)

秋季企画展「昭和20年7月3・4日の大空襲」を開催します。

太平洋戦争末期、昭和20年7月3日深夜から4日未明に、アメリカ軍のB29の焼夷弾爆撃により、姫路は壊滅的な被害を受けました。同じ7月4日未明に、徳島、高知、高松にもB29による焼夷弾爆撃があり、甚大な被害を受けました。4都市の空襲による被害の状況と悲惨さを紹介します。
このページの作成・発信部署
〒670-0971   姫路市西延末475番地   手柄山中央公園内
電話番号: 079-291-2525   ファクス番号:079-291-2526
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地