本文へ  Multilingual English |中文 |한국어 |Francais |Espanol |Portugues |Deutsch |Việt Nam

このページの本文へスキップ


今月のお知らせ

募集

市役所の所在地は〒670-8501 姫路市安田4丁目1
料金の記載のないものは無料
先着順などの記載のないものは抽選
直接申し込む場合など、特に記載のないものは閉庁日を除く
当日消印有効などの記載のないものは期限内必着

伊勢自然の里・環境学習センター施設ボランティア

活動内容 月1回程度、土曜日・日曜日、祝休日に、田んぼの学校や自然観察会などのイベントの補助や施設整備をします
対象 自然環境の保全活動や生き物の観察、米作り、自然素材を使った工作などに興味のある人

件名、住所(郵便番号も)、参加者全員の氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、学生は学校名・学年、性別、職業を封書かファクスまたは電子メールで環境政策室(電話079-221-2468、ファクス079-221-2469、電子メールkankyoho@city.himeji.lg.jp)へ。随時受け付け

市営住宅の入居者

対象住宅 北条北住宅、豊沢住宅

資格 次のすべてを満たす人

  1. 姫路市の定める所得要件
  2. 持ち家を所有していない
  3. 暴力団員でない

申込書など 住宅課(姫路市役所5階)で配布。詳しくはホームページで確認を

申込書と必要書類を住宅課(電話079-221-2633)へ持参。受け付け順。部屋の見学も可能です

海外姉妹都市への派遣生

対象 姫路市内在住で、海外姉妹都市でのホームステイを希望する中学生・高校生
募集人数 34人
参加費(平成29年度参考) 約25,000円から14万5,000円(3分の1助成後)
募集要領・申込書 平成30年4月1日(日曜日)から、国際交流センター(イーグレひめじ3階)や姫路市内の中学校・高校などで配布
申し込み 平成30年4月17日(火曜日)から27日(金曜日)に、各学校を通して申し込み
説明会 平成30年4月15日(日曜日)、午後1時30分から午後3時30分、イーグレひめじあいめっせホールで。当日受け付け

国際交流センター・電話079-287-0820、姫路市文化国際交流財団・電話079-282-8950

救急車適正利用啓発ポスター

対象 姫路市内か神崎郡内の小学生
規格など 四つ切り画用紙(縦)。「救命のため、正しい利用を!」「その119は、緊急ですか!」など救急車の適正利用に関する文章を入れること
応募 平成30年6月30日(土曜日)までに、作品裏面に氏名(ふりがな)・学校名・学年を書き、最寄りの消防署・消防出張所へ持参

消防・救急課・電話079-223-9558

栄養教室受講生

日程 平成30年6月から平成31年2月の毎月第1(平成31年1月は第2)金曜日
場所 保健所
内容 食育と健康づくりのための講義と調理実習など
対象 姫路市内在住で修了後、いずみ会活動(地域での食を通じたボランティア活動)に参加できる人
定員 40人(先着順)
受講料 4,000円(調理実習材料費などを含む)

平成30年4月10日(火曜日)から、電話で保健所健康課(電話079-289-1697)

国際交流、多文化共生に関わるボランティア

内容

  1. 姫路市の海外姉妹都市から中学生・高校生と引率者が来られた際などにお世話をするホストファミリーボランティア
  2. 多言語生活情報誌「VIVA!ひめじ」を作成する情報誌作成ボランティア
  3. 多言語生活情報誌やホームページの翻訳、姫路市の事業に関わる翻訳などを行う通訳・翻訳ボランティア
  4. ボランティアグループ日本語ひろばで週1回程度日本語学習支援活動を行う日本語ボランティア(日本語教育関連コースか姫路市文化国際交流財団が行う日本語学習支援ボランティア養成講座修了者)

問い合わせ 姫路市文化国際交流財団・電話079-282-8950

国際交流センター・電話079-287-0820

「ブルーベリーばんく」で実をつけよう!

自宅で栽培しているブルーベリー株を、開花時期に農業振興センターで預かり、受粉・着果を促進します。

預かる物 花芽がついたブルーベリーの鉢植え株
預かり日時など 平成30年4月12日(木曜日)、午前10時から午後4時。果樹園見学会(午前11時から)も
返却日時など 平成30年5月11日(金曜日)、午前10時から午後4時。栽培講習会(午前10時30分から。講習会のみの参加も可)も

平成30年4月11日(水曜日)までに、電話かファクスで件名、住所(郵便番号も)、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、学生は学校名・学年、持ち込む株数、品種と株の大きさを農業振興センター(電話079-263-2220、ファクス079-263-2708)へ。センターへの搬入、搬出は各自で行ってください。講習会のみ参加の場合は平成30年5月8日(火曜日)までに申し込み

水道局鉄管工資格試験受験者

水道工事に携わる人の技能向上のための資格試験を実施します。受験資格がありますので、受験を希望する人は準備を。

受験資格 次のいずれかに該当する人

  1. 姫路市水道局配管工
  2. 他都市で姫路市配管工に相当する資格がある人
  3. 給水工事技術振興財団の給水装置工事配管技能講習会修了者
  4. 日本水道協会の配水管技能講習会修了者
  5. 日本ダクタイル鉄管協会のJDPA継手接合研修会受講者
  6. 職業能力開発促進法による配管技能士(2級以上で資格取得後の実務経験が3年以上)

試験 1次試験は平成30年10月11日(木曜日)。配水管敷設工事などに関する知識や管接合の方法などの学科。受験料4,000円。2次試験は平成30年11月7日(水曜日)。鋳鉄(GX)管の接合の実技。材料費が別途必要
申込書 平成30年8月20日(月曜日)から、水道局建設課(姫路市役所東館2階)で配付

平成30年9月10日(月曜日)から18日(火曜日)に、申込書を水道局建設課(電話079-221-2835)へ持参

提案型協働事業を募集します

市民活動団体と行政が協働して行う、団体の特性を生かした事業を募集します。

資格 姫路市内に活動拠点を持つ、次のいずれかに該当する団体等

  1. 不特定多数の利益の増進を目的とする公益的活動を行う非営利の団体
  2. NPO法人
  3. 1.か2.に該当する団体の共同体
部門 内容 件数
テーマ設定型事業 a.音楽を通じた地域の活性化に関する事業
b.市民共治の実現に向けた取り組みに関する事業
4件程度
自由テーマ型事業 市政全般 3件程度
地域資源活用事業 歴史・文化・自然等の地域資源を活用して地域の魅力を高めるための事業 7件程度

注 補助額はいずれも上限50万円

選考基準 市民ニーズや社会的課題の認識、公益性、事業計画の客観性・実効性・効果など
選考方法 1次審査は書類選考、2次審査は審査会(平成30年6月30日(土曜日)、市民会館で予定。1次審査通過事業の提案者によるプレゼンテーション)
申請書 平成30年4月23日(月曜日)から、市民活動推進課(姫路市役所4階)で配布。ホームページにも掲載します

平成30年4月23日(月曜日)から5月22日(火曜日)に、申請書を市民活動推進課(電話079-221-2737)へ持参。事前の相談、打ち合わせは随時受け付けます

皆さんの意見を募集します

姫路市介護医療院の人員、施設及(およ)び設備並びに運営に関する基準を定める条例(案)

平成30年4月から創設された新たなサービスで、療養と日常生活上の介護を一体的に提供する施設である介護医療院。姫路市における介護医療院に関する基準を定める条例を制定します。

公表期間 平成30年4月1日(日曜日)から5月1日(火曜日)

公表場所 公表時間
介護保険課(姫路市役所2階・東館3階)、市政情報センター(姫路市役所1階)、各支所(飾磨支所を除く)・地域事務所・出張所・サービスセンター(坊勢・置塩・菅野を除く) 午前8時35分から午後5時20分(土曜日・日曜日、祝休日を除く)
飾磨支所 午前8時35分から午後7時30分
駅前市役所 午前10時から午後7時30分
曽左公民館・四郷公民館・八幡公民館 午前9時から午後5時(月曜日を除く)

注 ホームページでも公表しています

公表期間中に、封書かファクスまたは電子メールで意見と件名、住所(郵便番号も)、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、(姫路市内に在勤か在学の人は事業所名・学校名も)を介護保険課(電話079-221-2923、ファクス079-221-2925、電子メールkaigoho@city.himeji.lg.jp)へ。公表場所への持参もできます

施設見学会の参加団体を募集

対象 おおむね40人から53人の姫路市民で構成される姫路市内の成人団体
募集数 18団体
実施期間 平成30年5月から9月
内容 姫路市の施設を見学し、市政の現状を学びます。昼食代、施設の入場料は各団体で負担(バス代のみ姫路市が負担。バスガイド無し)

平成30年4月20日(金曜日)までに、通常はがきで団体名、代表者の住所・氏名・電話番号、参加人数、見学希望時期を広報課(電話079-221-2073)へ。1年度に1回の利用に限ります


ページトップへ戻る