このページの本文へスキップ


施設インフォメーション
「姫路プロジェクト」のロゴマーク

姫路プロジェクト

より多くの人にスポーツの機会を

姫路市では、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、姫路市民のスポーツへの関心を高めるとともに、障害者スポーツの普及に取り組んでいます。

ひめじDo!スポーツデイを開催します

ひめじDo!スポーツデイで器械体操をしている、ひめじDo!スポーツデイで空手道をしている写真

小学校低学年の児童や普段スポーツをする機会がない人を対象に、スポーツをするきっかけを提供する「ひめじDo!スポーツデイ」。障害者スポーツも体験できるので、ぜひ参加してみてください。

 平成29年12月3日(日曜日)
場所 ウインク体育館、エストパーク(姫路市大塩町汐崎二丁目1)
内容 ウインク体育館では、器械体操や空手道をはじめ、車いすバスケットボール、シッティングバレーボールなどの競技体験を実施します。また、スポーツに関する相談窓口も設ける予定です。エストパークでは、サッカー体験なども

注 各イベントの開催時間など、詳細は問い合わせを

スポーツ推進室・電話079-221-2797、姫路市まちづくり振興機構・電話079-293-1321


パラリンピック出場選手らによる車いすバスケットボールの体験講習会を開催しました

車いすバスケット教室でミニゲームをしている写真

平成29年10月3日、広畑第二小学校で、5年生・6年生が車いすバスケットボール競技を体験しました。リオデジャネイロパラリンピックに出場した千脇貢選手らを講師に招き、車いすリレーやミニゲームを実施。児童らは、慣れない車いすの操作や、車いすを操作しながらのボールの扱いに悪戦苦闘。車いすから見るゴールの高さにも驚いていました。ミニゲームでは、選手の動きに圧倒されながらも懸命にボールを追い、選手との交流を楽しみました。


スポーツ推進室・電話079-221-2797、健康教育課・電話079-221-2770


ページトップへ戻る