星の子館>天文台>天文工作

星の子館の天文台・天文工作の部屋

 星の子館では、昼間のイベントでペーパークラフトをたくさん作りました。その中から、おうちでできるものを集めてみましたので、プリントアウトして作ってみてください。
 作った感想やリクエストがあったら、ぜひ星の子館まで教えてくださいね。
 その他、天文台の工作イベントの記録は「イベント記録」のページで。

 原稿ファイルを読込むには、Adobe社の「Adobe Reader」が必要ですから、事前にご用意ください。

ご利用の方にお願い

ここに掲載した工作は、たくさんの方に楽しんでいただきたいのですが、いくつかお願いがあります。

  • 自宅で作ったり、学校や社会教育施設での教育普及活動の範囲であればご自由にお使いください。
  • できれば製作した感想などを教えていただけるとうれしいです。
  • 実費以上を徴収したり、商業誌の付録にするなどの商用利用はお断りいたします。
  • 再配布はご遠慮ください。

惑星儀シリーズ(1993年~)

惑星儀

 星の子館では、昼間のイベントで「惑星儀」シリーズを続けてきました。ちょっと手間がかかるのですが「惑星をお持ち帰り」できる楽しいイベントです。
 型紙と作り方は惑星儀のページをご覧ください

日時計(2010年リニューアル!)

日時計のペーパークラフト

★型紙と作り方:sundial2.pdf(200KB)

 切ってはるだけの日時計です。日当たりのよい場所において、影の動きを観察してみてください。

はさみが使えればだれでも・製作時間20分

  • はさみ、のり、色鉛筆
  • A4用紙1枚

すばる望遠鏡(2000年制作)

すばる望遠鏡のペーパークラフト

★型紙:subaru.pdf(1.7MB)
★作り方:subaru_howto.pdf(960KB)

 国立天文台がハワイに作った、世界最大級の望遠鏡「すばる」の約100分の1の模型です。

小学校高学年以上向き・製作時間約2時間

  • はさみ、のりか両面テープ
  • 綿棒、黒いマジック
  • 太いストロー8本
  • A4用紙4枚(プリンタ用の厚手の紙がいいです)

参考リンク
 国立天文台「望遠鏡のペーパークラフトを作ろう」に、公式すばる望遠鏡ペーパークラフトがついに完成!です。作ってくらべて見てくださいね。

ペットボトル星座早見(2003年制作)

ペットボトル星座早見

 2003年の夏休み向けに新開発した、一見望遠鏡・でも実は星座早見という工作です。

 型紙と作り方はペットボトル星座早見のページをご覧ください

太陽系モビール(2004年制作)

太陽系モビール

 2004年の夏休み向けの工作イベント「太陽系モビール」です。それぞれの惑星の大きさの比率は実際の太陽系と同じ。地球型惑星に比べ木星型惑星の大きいことが実感できる工作です。
 かなり巨大な工作なので、広い場所で作ってください。

型紙と作り方は太陽系モビールのページをご覧下さい

自分の星を作ろう

自分の星

 白い発泡スチロールの玉に模型のジオラマを作るときの材料や砂絵の砂を、ボンドで止めていくだけです。
 自分だけの楽しい星を考えてみてください。地図やその星での物語を考えても楽しいですよ。

絵筆が使えればだれでも・製作時間30分~

  • 発泡スチロールの玉
    →ホームセンターで200円くらい
  • 「シーナリーパウダー」や「ライケン」
    →木の代わりのコケや芝生に見える粉です。模型屋さんで買えます。
  • 砂絵用の砂
    →色のついた砂です。画材屋さんで買えます。
  • その他面白そうなものならなんでも