大好評!第3弾!今年もムシたちの季節がやってきました!
クワガタムシ、カブトムシをはじめ、いろんなムシが大集合! 間近でじっくり観察しましょう。

■主催 姫路科学館
 ■協力 伊丹市昆虫館社、環境科学大阪株式会社、播磨昆虫民俗資料館、俵養蜂場、姫路昆虫の会、播磨クワガタ同好会、上田剛、合田知成
 ■会期 2015年6月13日(土)〜7月12日(日) ■場所 1階特別展示室 ■観覧料 一般200円、小中高生100円

特別展「夏のむし・ムシ大集合3」

エントランス看板  私たちの身のまわりには、いろいろな種類のムシがいます。
 カブトムシ、クワガタムシ、バッタ、チョウ、水生昆虫…。
 聞いたことがあるムシも、実際、どんな姿をしているのかな? どんなところで見つけられるのかな? わからないことを解決しよう!



生きているムシを観察しよう!(1)

ジャコウアゲハの幼虫

 カブトムシの幼虫・蛹(さなぎ)を展示。土の中の蛹のすがたは普段なかなか見ることができません。観察してみよう!
 他にも、ジャコウアゲハやツマグロヒョウモンの幼虫や蛹も展示。形や色を観察してみよう!

生きているムシを観察しよう!(2)

生体展示コーナー生体展示コーナー

 いろいろなクワガタがいます。それぞれの違いを見てみよう!
 ナナフシは何匹いるか見つけられるかな?
 水生昆虫も展示しています。見たことのないムシもいると思うよ!

生きているムシを観察しよう!(3)

生体展示コーナー

 今年はハチの巣を展示。一匹の女王バチと一生懸命働いている働きバチの姿が見られます。
 巣の掃除、幼虫の世話、門番、蜜や花粉集めなど、働きバチの仕事はたくさん。

カブトムシ、クワガタムシタッチング!そして昨年に引き続きGも!

タッチングコーナータッチングコーナー

 生きているカブトムシやノコギリクワガタにさわってみよう!さわるこどができるかな? からだや角を観察しよう!
 そして、今年も「G」がやってきた!「G」がみんなを待ってるよ!

今年は昆虫食コーナーを設置

昆虫食昆虫食  食用昆虫を食べたことありますか?
 肉や魚などのタンパク源として親しまれています。
 いくつか展示していますので、ご覧ください。

ムシ関連コーナー

こんなチョウがいたらいいなムシ写真コーナームシの折り紙に挑戦!

こんなチョウがいたらいいな!と思ったら、姫路科学館に来てオリジナルチョウを描こう!みんなのチョウでい〜っぱいにしてね♪
ムシのかぶりものをかぶって記念写真を撮ってみたり、折り紙でムシを作ったり、本を見ながらもうちょっとムシのことを詳しくなってみたり、いろいろ楽しんでね♪

自由研究コーナー

自由研究コーナー  昨年度「姫路市児童生徒科学作品展」に出品された、ムシに関する自由研究を展示しています。 そのほか、自由研究のアドバイスも。展示にまつわる自由研究もあるので、結びつけてみよう!
 今年の夏休みの自由研究の参考にしましょう。

クワガタのおはなし会

クワガタのおはなし会  播磨クワガタ同好会のメンバーが、クワガタムシの採集や飼育の方法を分かりやすくおはなしします。
 ムシ好きのみんなは、特別展示室に集まれ!

 ◆場所:姫路科学館1階 特別展示室
 ◆日時:会期中の土曜日 13:30〜
          日曜日 11:30〜、13:30〜(各20〜30分程度)

会場の様子

会場の様子会場の様子クワガタのおはなし会

(左)カメムシの標本コーナーです。こんなにカメムシの種類があるの〜?これもカメムシ?
(中・右)タッチングコーナーは人気ですね!

特別展

データベース

夏のむし・ムシ大集合2


姫路科学館

常設展示

プラネタリウム

サイエンスショー

ロボット

講座

イベント

科学の話題

お知らせ

2015年6月14日更新