子育て恐竜「マイアサウラ」の全身化石をはじめ、世界的にも貴重な化石の数々が姫路科学館に集結!
期間中は化石の発掘体験・化石クリーニングの見学も実施しました。

 ■2008年7月26日(土)から9月15日(月・祝) ■1階特別展示室 ■有料(大人200円、小中高校生100円)

アマルガサウルスの全身化石(エントランスホール)

アマルガサウルス

 エントランスホールでアマルガサウルスの全身化石(群馬県立自然史博物館 蔵)が、みなさんをお出迎え。

格闘化石のレプリカ

格闘化石のレプリカ

 会場に入ってすぐ、格闘化石のレプリカがあります。
プロトケラトプスヴェロキラプトルの2頭が争っている最中に砂に埋まるなどして、そのまま化石になったと考えられています。関節の形などもはっきり分かる、貴重な化石です。

タルボサウルスの脚部など

タルボサウルスの脚部など調べるコーナー

 タルボサウルスの脚部化石トリケラトプスの頭部骨格レプリカ(いずれもミュージアムパーク茨城県自然博物館 蔵)等が並ぶ一角。
 タルボサウルスはアジア最大の肉食恐竜で、ティラノサウルスに似た姿をしています。
 トリケラトプスは頭部だけで なんと、3メートルもあります!こんなに大きな恐竜たちが地上を歩いていたのですねえ。
 ここには、恐竜の食べ物を紹介するコーナーや、気になる恐竜を図鑑で調べるコーナーもあります。

子育て恐竜 マイアサウラの全身化石

マイアサウラ

 今回の目玉、子育て恐竜マイアサウラの全身化石(国立科学博物館 蔵)。親と子どもが一緒に発掘されることが多く、群れを作って子育てをしていたのではないかと考えられています。

体験コーナー

発掘体験解説中

 化石発掘体験の様子。「刷毛(はけ)」で砂をはらって、中に埋まっている化石を探します。貴重な化石だから、やさしく そーっとそーっと はらってね!
 モンゴルの発掘現場のパネルを使った 解説も楽しみです。


レプリカ写し絵

 化石のレプリカを使ったフロッタージュ体験もあります。アンモナイトに三葉虫・・・お気に入りの化石を写しとって、お土産にしよう!


特別展

データベース

恐竜展


姫路科学館

常設展示

プラネタリウム

ロボット

講座

イベント

科学の話題

お知らせ

2009年4月15日更新