みなさんの周りには、たくさんの音が満ちあふれています。
 見えないしすく消えてしまう音を、いろいろな形でみなさんにご覧になっていただきましょう!

■ 2007年3月17日(土)〜5月27日(日) ■有料(一般200円、小・中・高校生100円)

  
  

「謎の水道パイプ」

  

謎の水道パイプ

  

これは音とどんな関係があるの?

  

「謎の水道パイプ」

  

謎の長いテープ

  

最長6.4mの謎のテープの正体は?

  

「謎の部屋」

  

謎の部屋

  

2つの部屋の中ではどんな音がするのかな?

  

「謎の物体」

  

謎の物体

  

会場のどこかに使われています

  

「謎の棒」

  

謎の棒

  

この棒と音の関係は?

●音の実験コーナー(話題の「モスキート音」も体験できます)
 ●動物のや昆虫の耳
 ●楽器で遊ぼう などなど

「音の科学展」連動企画

●講演会「鳥と人間の音楽交流史」 2007年5月27日(日) 10:30〜12:00
 大阪音楽大学理事長の西岡信雄氏をお迎えして講演会を開催しました。
 「鳥たちの美しい鳴声や姿を人間が真似る。人間の歌や音楽を鳥たちが真似る… このどこかユーモラスな相互交流は太古の昔に始まり、現在まで続いています。どんな場面で、どんな目的のために、そしてどんな技術と道具を使って真似をしてきたのでしょうか。世界の諸民族から、その興味深い事例を、実物と映像を使って、ご紹介します。」
 会場では実際に西岡先生が楽器を演奏しながら、楽器の歴史や鳥たちとの関係をお話してくださいました。
講演会の様子楽器もたくさん演奏してくださいました

●サイエンスエキスパート講座「あなたはこれで、音の達人」 2007年5月12・13日(土日)の2日間
 小学校5年生以上を対象に、実験や工作をしながら音の科学を極めます!

●自由参加の科学教室では音の出る物の工作をしました。

特別展

データベース

音の科学展 音・学・楽(2007年)


姫路科学館

常設展示

プラネタリウム

ロボット

講座

イベント

科学の話題

お知らせ

2009年4月15日更新