私たちの食卓には、味噌、醤油、酒、味醂、酢など、数多くの醸造食品がのぼります。微生物の発酵作用を利用する醸造技術は、微生物の存在やその働きが知られる前に確立されたものですが、 科学の眼を通じて見ると、それぞれが合理的なものでした。醸造食品を通じて、私たちの暮らしと深く結びついた微生物の世界を紹介します。

■2006年2月25日〜4月9日 ■1階特別展示室 ■有料(常設展示またはプラネタリウム観覧券で入場。)

醸造展のちらし

会場の様子

   マウスカーソルが指の絵に変わった場所をクリックすると、その場所の写真が見られます。
コウジカビの醸す香りなどはネットではお伝えできませんので、画像で会場の雰囲気を味わってください。
会場平面図 食卓から醸造食品を探そう 醸造とは? DNA模型 食品に利用されている微生物 アミノ酸いろいろ アミノ酸いろいろ こんな物にも醸造食品が 醸造とは? 微生物とは? 酵素とは? 麹室の外観 顕微鏡観察コーナー 微生物の実験装置 微生物の働き 微生物発見! 醸造の過程で微生物が果たす役割 麹室の歴史 麹室の中 麹室の中 味噌造りの世界 味噌造りの世界 味噌造り用の桶 会場図 醤油造りの世界 酒造り用の大樽 酒造りの世界 酒造りの世界 醤油造りの世界 酒米 醤油造りの工程 いろいろな醸造食品 酒造りの世界を眺める 酒造りの世界 昔の計算道具 桶や樽を作る道具 金型 酒造りの道具たち いろいろな醤油 酒造りの道具 こうじ菌と室の模型 パスツールの実験装置 ミクロケルダール蒸留装置 原料の植物 醸造展会場図

特別展

データベース


姫路科学館

常設展示

プラネタリウム

ロボット

講座

イベント

科学の話題

お知らせ

2009年4月15日更新