姫路科学館開館10周年を記念して、科学館の収蔵資料を大公開します。

■2004年2月27日(金)から3月31日(水) ■1階特別展示室 ■有料(常設展示またはプラネタリウムの観覧券が必要)
■資料提供(五十音順):徳重真弓(貝の紅など)、平山吉澄(きのこ写真など)

開催イメージ

テーマはズバリ、「播磨の自然」です。
山野の植物、キノコ、昆虫、川の魚、海の貝、海藻などの生物系と、
姫路近郊を流れる市川、夢前川、揖保川の河原の石で、
播磨の自然を紹介します。

展示をとおして、播磨の豊かな自然をみつめるヒントを見つけてください。

科学工作教室

『播磨の自然を訪ねて』に関係した工作教室を開催します。
※会期中の日曜日、13時〜、15時〜の2回
※当日受付
※定員 各教室とも1回12人
※上記の他にも科学工作を実施します。

 1)2月29日 貝殻のキーホルダーをつくろう
 2)3月 7日 葉や海藻入りハガキをつくろう
 3)3月14日 木の実を使った壁飾りをつくろう
 4)3月21日 化石のレプリカをつくろう
 5)3月28日 貝殻で電気スタンドをつくろう

主な展示内容

<播磨の昆虫・・・・トンボやチョウなどの標本を中心に、ジャコウアゲハ関連グッズの展示もあります。
たね・・・・・・・いつのまにか服にくっついている「ひっつきむし」など、おもしろい種の展示です。
播磨のきのこ・・・本物の凍結乾燥標本と、これらを使ったジオラマです。ビデオコーナーもあります。
播磨の貝・・・・・播磨の海岸で見られる貝の貝殻を集めました。海遊びの前に調べてみよう。
播磨の海藻・・・・海藻の押し葉標本です。結構種類がありますよ。
河原の石・・・・・市川、夢前川、揖保川の川原の石を調べよう。
水生昆虫・・・・・水にすむ昆虫には、どんなものがいるのだろう?
淡水の魚・・・・・昔はどこにでもいたはずの、川の小魚たち。

 

体験コーナー・・・会場でいつでも楽しめます。

種を飛ばそう
葉っぱでスタンプを押そう
どんぐりのコマをまわそう
オナモミのひっつきむしで遊ぼう
川原の石探偵団

特別展

データベース

播磨の自然を訪ねて


姫路科学館

常設展示

プラネタリウム

ロボット

講座

イベント

科学の話題

お知らせ

2009年4月15日更新