姫路科学館>プラネタリウム>天文情報室>太陽を安全に見る>太陽望遠鏡

太陽が観察できる天文台や科学館

姫路科学館の太陽望遠鏡

太陽を安全に観察するために」別館

 太陽は昼間に見られる立派な天体(恒星)なのですが、安全に観察するためには注意が必要です。そこで、誰もが気軽に行くことができる科学館や天文台に行ってみませんか?
 科学館や天文台の中には、太陽を安全に見られる専用の望遠鏡(太陽望遠鏡)が設置されていたり、昼間に太陽が見られる観察会を開いている場所があります。
 また、ホームページで太陽の様子を中継をしている施設もあるので、ぜひチェックしてみてください。

写真は姫路科学館にある太陽望遠鏡です。真中の白い丸が太陽の姿です。

このページについて

  • 2011年10月に星の子館で調べ、その後、全国の施設から寄せられた情報を追加しています(2017年9月修正)
  • 「■展示」:太陽望遠鏡などの映像を、展示室や観測室で晴れていれば常時見ることができます
  • 「●観察会」:開館日や週末に定例で、昼間に時間を区切って、太陽が見られる観察会を開催しています
  • 「▲ネット」:ホームページで現在の太陽の姿を見ることができます
  • 開館日や観察会の時間はリンク先を見て、直接各施設にお問い合わせください
  • イベントとして不定期に太陽の観望会をする施設については、PAONaviで探してみてください

北海道・東北

関東・東海

関西・中国四国・九州

番外編

  • 国立天文台太陽観測所:いろいろな波長で見た太陽の姿が見られます
  • 京都大学飛騨天文台:水素原子の出す光で見た太陽の姿が見られます
  • 野辺山太陽電波ヘリオグラフ:[最新の画像]から、電波で見た現在の太陽の姿を見ることができます
  • ひので:[ひので最新画像]から、日本の陽観測衛星から見た太陽の画像を見ることができます
  • SOHO:[the sun now]から、アメリカの太陽観測衛星から見た太陽の姿を見ることができます